ATA66カードを増設しました

PowerMac7600にATA66カードと40GB HDDを増設しました。
MacOS Xがもうすぐ出るというのに、今さらPowerMac7600を拡張するなんてねぇ(^_^;。
かなりの愚か者でしょう(爆)。>私

2001.1.23




左にあるのが、PCIバス用のATA66インターフェイスカード。
右にあるのが、ATA100の40GByte IDE-HDD。

ATA66カードは、TAXANのStorageFighter(STF66)という製品です。
ATA100のドライブとも接続可能と言う事で、HDDは、プリンストンテクノロジー(株)のATA100の 40GB IDE-HDDを選びました。
ドライブ自体は、富士通製のHDDで、PowerMacintosh G3/G4対応と表記されています。
HDDには、B's Crew V2.1.8が入ってました。
また、ATAカードには、B's Crew V3 Liteが入ってます。




PCIバスにATA66カードをセットした写真です。




ここにドライブを増設します。
取り付け用のマウンタは、ATA66カードに付いてました。




実際にHDドライブ取り付ける作業。
IDEのケーブルと電源ケーブルは、先にドライブ側取り付けておくと作業がしやすです。

今回は、ドライブの増設は1台なので、HDDのジャンパーの設定は、マスターにしておきます。




ドライブを接続し終わったところ。

ケーブルがゴチャゴチャしてます。
PCIバスの所から、無理矢理ケーブルを引っ張ってくるので、ねじれたりしてちょっと恐いです。

接続後は、CPUカードの下に隠れていてちょっと見つけ難いCPUのリセットスイッチを押します。
CPUのリセットスイッチを押す代わりに[Optionキー]+[Commandキー]+[P]+[R]によるPRAMクリアーでも良いようです。




HDDのフォーマットは、MacOS8.6のドライブ設定で認識出来た(^_^)ので、それで行いました。
ATAカードやHDDに入っていたB's Crewは使用しませんでした。

増設したドライブは、IDEなのに、Macintoshには、SCSIと認識されます。
当然、起動ドライブとしても利用出来ます。

私は、以前使用してた起動ドライブのシステムフォルダーをコピーしただけで、 HDD増設後の環境設定を終わりにしました。
こういう手抜きが出来るのもMacの嬉しいところです。
Winだったら、HDD増設後の環境設定で、Winの再インストール、各アプリケーションの再インストールで、大騒ぎでしょう(^_^;。

[一つ前のページへ]
[TOPページへ]