[TOPページへ]


プレドニン注腸/ステロネマ



 潰瘍性大腸炎の治療で行うプレドニン注腸とステロネマについてです。
 これらは、直接ステロイドを腸に流し込み患部を治療するという方法です。
 左側大腸炎型の私には良く効くようです。
 副作用は、プレドニンの経口の1/10と言うことです。
 ステロイドを腸に直接入れて治療する薬として、リンデロンと言う座薬もありますが、これは座薬のため直腸型の人には有効のようですが、 患部が広い人の場合、悪い場所まで薬が届かず完全に効果を発揮出来ないようです。
 私も一時期リンデロン座薬を使ってましたが、あまり効果があったように感じませんでした。
 注腸およびステロネマはちゃんと効いてるようです。
 始めたばかりの頃、便の調子がかなり良くなったのでとても嬉しかったです。
 難点は、やるのが面倒ということですね。それから、終わった後、お腹がチャポチャポするのが気持ち悪い(;_;)。

 最近(99.9.15〜)、ステロネマの失敗に苦しんだ時期があった。
 失敗が続いた時は、下痢、粘血便が頻繁にある状況で、お腹の調子がかなり悪い状況だった。
 普段は、ステロネマ注入後、戻してしまうということはなかったのだが、注入後30分ぐらいで戻してしまうことが続いた。
 酷い時は、10分ぐらいで戻してしまい、ステロネマを注入した意味が全然無し、逆にその後、便の回数が増え、 お腹も痛くなったりしてつらかったので、ステロネマが腸を刺激してしまっていて症状を悪化させてるのではないか?と思えることもあった。
 病院の医者に相談した所、「30分かけてゆっくりと注入して下さい。」との指導を受けた。
 プレドニンの点滴注腸の時は、10分ぐらいかけてやってたのに、ステロネマは1分ぐらいで注入してたので、 それがいけなかったのかということで、30分ぐらいかけてやったのだがやはり失敗。
 私の場合、大腸の調子の悪さでステロネマの成功率が変わるようです。
 大腸は、水分を吸収する臓器なので、そこが不調という事は、ステロネマの吸収も悪くなるので失敗しやすくなるのでは? と思っています。
 お腹の調子が良くなってきてからは、ステロネマは成功しています。
 また、腸に対する負担も考え、やる際には、現在も30分かけてゆっくりと注入を心がけています。
 ステロネマに30分もかけるのは非常に面倒なのですが、症状を改善する為には面倒でもしょうがありません。
 CDを聴いたり、TVを見るながらのんびりやってます。
 ちなみに、ステロネマをやってる間は、私の部屋は立ち入り禁止!!(笑)。

 それから、ステロネマ及びプレドニン注腸は、液体を人肌程度の温度に温めてからやった方が良いです。
 冷えたまま使うとお腹にはよくありませんし、調子が悪い時は失敗しやすくなるようです。

 また、ステロネマは、注入後1時間で注入量の半分が吸収され、 徐々に吸収率を下げながら24時間後に完全吸収されるという話を こちらのWebサイトの談話室で聞きました。
 という事は、最低1時間は我慢しましょうということになりますね。
 ただし、この話だと、1時間でも量的には半分ですからもう少し我慢する必要はあるでしょう。
 私は、寝る前にステロネマをするのですが、調子が良い時は、朝まで大丈夫です。

 それから、失敗しやすい人の対策として、1つのステロネマを分けて注入する分割注入方式というのもあるようです。
 基本的には、1つのステロネマを半分づつ2回に分割して行うようです。
 1回目注入後、2時間位の間隔をあけてから行うのが良いそうです。
 私もこの方法を採用したこともあるのですが、腸の調子がかなり悪い時は、やはり失敗しました。
 ただし、我慢出来た時間は少し長かったので、有効な手段のようです(後日、この方式を採用して成功したこともありますので、 場合によっては有効な手段でしょう。この方式をやるかどうかは体調と相談してですね)。
 1回で全部入れて、全部戻してしまうより、半分づつやった方が失敗した場合でも吸収される量は多いと思われます。
 また、分割する回数は、3分割でも4分割でも良いそうです。
 最初の注入が刺激になって戻してしまうような人は、最初は少なく注入して、徐々に多く注入すると楽な場合があるそうです。
 分割回数を増やすと、その分、手間がかかるので、自宅療養中や入院中などの治療に専念出来る場合でないと難しいかもしれません。

 ただし、ステロネマについても、個人差がありますので、失敗が続くようでしたら医師に相談する必要があると思われます。
 場合によっては「ステロネマが大腸を刺激してしまっているので無理して続けるのはまずい状況である」という判断から、ステロネマは中止ということになる場合もあるそうですのでご注意下さい。


注腸セット
これを組み立てて使う。
一番上にあるのがおしりに入れる管( ネラトン )、右端の小さいビンがプレドニン(ステロイド)20mg、左端のタンクが生理食塩水100ml、 真ん中にあるのが注射器と注射針、一番下にあるのがタンクとネラトンを繋ぐ管(通常の点滴に使う管と同じ。薬の落ちる速度を調節するのもついている)。
通常の点滴の先が針ではなく、管(ネラトン)になってると思って下さい。
注射器と注射針は生理食塩水とプレドニン20mgを混ぜる時に使います。

プレドニンはビンに入ってるのですが、このビンの口をペキッと折って開けるのが好き(^_^;。
注腸セット組み立て後
使い方は点滴と同じ。
タンクを高い所にぶら下げた後、管をおしりへ。
お腹の左側を下にした状態で、薬がすべて落ち終わるまで待つ。
時間的には10分弱ぐらい。
夜、寝る前にやってました。

10分間、あの格好で固まってる姿は・・・・・(^_^;。

ステロネマ
右側のタンクには、リン酸ベタメタゾンナトリウム3.95mg入りの液体が100ml入ってます。

注腸に比べて、薬を混ぜたり、組み立てたりしなくて良いので便利です。

リン酸ベタメタゾンナトリウムは、プレドニンの6.25倍の強さだそうです。
ですので、ステロネマをプレドニン換算すると約24.7mgです。
容量が半分(50ml)のステロネマ50というのもあります。

ステロネマ説明書 表面裏面(ステロネマ体操)
(↑これ、見てもよいけど、あまり見ない方が・・・(^_^;。う〜〜む(^_^;;;;;;。一般人は見ない方が良いと思ふ。)

ステロネマの管が硬くて、お尻が痛い時は、柔らかい素材の ネラトン を先に付けてみると良いかも。
私は、直腸の炎症が強くて、お尻がスゴイ痛かった時は、 ゴム製のネラトン をステロネマのチューブの先に付けてました。





[TOPページへ]