情報処理技術者試験 身体障害者特別措置

2004.1.7作成
2004.1.26修正


このページは、 情報処理技術者試験特別措置 に関する資料です。

この制度は、障害者に対する制度となっていますが、身体障害者手帳を持っていない人でも利用出来るようです。

私は、以前、試験の途中でトイレに行く為に退室して、最後まで試験を受けれなかった経験があるので、
病気でトイレが近いという理由でこの制度を利用出来ないか?
と思い申請してみました。
その結果、2003年の秋試験では、無事、この制度が適用され、試験の途中でも安心してトイレに行く事が出来ました。(^_^)

特別措置用の試験会場で休み時間に他の人と話したりしたところ、診断書や病気を証明する資料を添付すれば、 この制度は利用出来そうだという事がわかりました。

潰瘍性大腸炎(UC)の人だけでなく、他の病気(クローン病、過敏性腸症候群、消化器系の手術をした人 etc...)でもトイレが近くて大変な人が居ると思います。
トイレの事を気にして、今まで試験を受けるのを躊躇していた人や試験の途中でトイレに行く為に途中退室をしてしまい試験を最後まで受ける事が 出来なかった悔しい経験のある人はこの制度を利用してみてはいかがでしょうか?

この特別措置の申請をするには、受験申し込みの際に、特別措置が必要である事を明記します。
私は「インターネットを利用した受験申込み」を行ったので、身障者特別措置の希望するの項目を選択しただけです。
特別措置が必要だとして情報処理技術者試験の申し込みをすると、下の参考資料のような書類が郵送で送られてきます。
それに必要事項を記入して、病気を証明する書類を添付して提出し、申請が通れば特別措置の対応をしてくれる会場で受験する事が出来ます。

送られてきた書類ですが、私の場合、参考資料1の身体障害者特別措置確認票への記入は下記のような感じでしました。
身体障害の種類→その他
障害の症状→病名:潰瘍性大腸炎 症状:頻繁にトイレに行く事がある。
障害の等級→等級の認定を受けていない
身体障害証明書類→診断書等を提出
特別措置の項目→その他を希望(希望する特別措置の内容:その他を選択して、「試験時間中にトイレに行けるようにして下さい。」と記入)
身体障害証明書類については、潰瘍性大腸炎の特定疾患医療受給者票のコピーを提出しました。
医師の診断書があれば、それの提出でも良いと思われます。

身体障害者特別措置確認票と病気を証明する書類の提出は、郵送またはFAXで行えば良い事になっています。
私は、自宅にFAXがありましたので、FAXで送りました。

この書類を送った後、特に連絡等は来ないので、非常に不安でした。
試験の直前に送られてきた受験票にも特に特別措置の事は書かれてなかったので、会場に着いて初めて特別措置用の会場だという事が分かりました。

この特別措置用の会場で受験して、試験の途中でトイレに行く場合は、試験監督に声をかけます。
トイレの前までは、試験会場の係の人が一緒に着いて来ます。
私の場合、女性の方が担当だったので、ちょっと恥ずかしかったですが、トイレに行けないよりは全然マシですからね。
気にせず何度もトイレに行きました。(^^;;;;;;;;

試験の途中でトイレに行きたくなったらどうしよう?
と思いながら試験を受けてると、ただでさえ憂鬱な試験が、もっと苦痛になりますので、 病気でトイレが気になる方はこの制度を利用してみてはいかがでしょうか?

この制度を利用すると、安心して試験を受けれますよ。(^_^)

☆参考資料1:身体障害者特別措置確認票(2003年7月時点)


[大きな画像]

☆参考資料2:記入上の注意(2003年7月時点)


[大きな画像]

☆参考資料3:インターネット受付(2004年1月26日時点)



[一つ前のページへ]
[TOPページへ]