潰瘍性大腸炎患者の食事


関連キーワード(楽天)
潰瘍性大腸炎 クローン病 炎症性腸疾患 エレンタール
人工肛門 ストーマ イレオストミー イレオストミー用装具 ストーマパウダー ストーマ用皮膚保護剤
ストーマ消臭剤 回腸嚢 障害者 トイレ ポータブルトイレ シャワートイレ ウォッシュレット 健康保険 入院 三雲社
ステロイド プロテイン DHA EPA ヒアルロン酸 馬油 エゴマ油 しそ油 爪もみ

※最新の研究(2009年6月時点)では、植物油脂のn-6系多価不飽和脂肪酸である リノール酸 は、腸の炎症を誘発する物質に変化するので要注意との事です。

 現在(1999.9.8時点)、私は病院で食事指導を受けており、食事に関しては色々と制限がある状態です。
 毎食、食事ノートを書いて、通院日には栄養士の方にチェックしてもらう事になっています。
 色々と細かいチェックをされて大変ですが、症状を悪くしない為には必要なことなのでしょう。
 現在、自宅療養中の為、自分で料理をせずに作ってもらえる環境にあります。
 そのおかげで、今のところはどうにかなっていますが、会社に復帰して一人暮らしに戻った時、指導通りの食事が可能かどうかは不安なところです。
 指導通りの食事をするには、かなりの努力が必要になるしょう。

 潰瘍性大腸炎の食事で特に注意する点は、油脂類食物繊維乳製品を控えるということです。
 特に動物性の脂肪は悪いようです(潰瘍性大腸炎を再燃させるトリガーになる因子の一つとの説があるそうです)。
 現在の通院している病院は、食事制限が結構厳しいですが、自宅療養になる前にお世話になっていた病院は、 食事制限はあまり厳しくありませんでした。
 その病院では、「動物性の脂肪は避けるようにして下さい。」という指導しかありませんでした。
 入院中もあまり食べない方が良いと言われている物が食事で出てました。
 コンニャク、トウモロコシ、そば、グレープフルーツ、スキムミルク、ヨーグルト、etc・・・。
 恐かったので、コンニャクだけは口にしませんでしたけど(笑)。
 「この病気は、食事制限をしても再燃する時は再燃する」ので 「下手に努力すると再燃した時の精神的ショックが大きいのであまり頑張らないように」という考え方もあるようです。
 食事については、病院や担当医によって方針が違うので、病院でよく相談すると良いでしょう。
 
 また、無事緩解状態になり、調子が良くなれば、食べる物の範囲を広げていくことが出来るようです。
 調子が良いと思える時に、少しづつ挑戦して自分の食べれる物を調べてみるのも良いと思います。
 (私は、まだその段階に達していませんが・・・)
 緩解期になれば、普通の人と同じような食事も可能になるようです(人によっては、お酒なども少しなら大丈夫みたいです)。

 以下に食事についての資料を示します。
 参考にして下さい。

 二つの資料を比べると、微妙に食い違いが発生しています。
 食事については色々な説があるので、最後には自分の腸と相談ということになるようです。


K中央病院栄養指導版

 下の表は、私が現在受けている食事指導の資料です。
 「食べても良い物」と「食べてはいけない物」に分かれていますが、調子が良い時には少しづつ試して 「食べても良い物」を増やしていって良いという事になってます。
 この表は、制限としては、最大限の物です。

 また、摂取エネルギー 1,800Kcal/日、タンパク質 80g/日という目標値も設定されています。
 高タンパク、高エネルギーというのも潰瘍性大腸炎の食事としてはポイントのようです。
#UC患者はエネルギーの消費が大きいらしいです。また、腸壁の修復にはタンパク質が必要です。

 野菜類の生食はなるべく避けるようにとの事。逆に魚の刺身は問題ないそうです。
 調理法としては、煮る/茹でる/蒸す/焼くが基本です。
 本当に少量の油で炒めるのもたまには良いという事ですが、あまりやらない方が良いと思われます。
 揚げ物はダメです(;_;)。

                                           
K中央病院栄養指導版 UC食事表
○・・・「食べても良い物」
×・・・「食べてはいけない物」
穀類 おかゆ(1食 250gまで)、うどん(煮込み)、スパゲティー(調子が良い時。ただし、油は使わない。)
× そば、中華麺、カレーライス、チャーハン
芋類 ジャガイモ、山芋、里芋
注:煮る/茹でるなどして、火を通す事。山芋の生はダメ。
× さつまいも
砂糖 普通に使って良い(20g/日が目安)。
油脂類 植物油(0〜5g/日)
注:炒めもの用として本当に少量だけ使う。
  基本的に使わない。
× ラード、バター、マヨネーズ、ごま、ピーナッツ
魚介類 基本的に白身魚
× 青魚(体調と相談して食べても良い。ただし、青魚は比較的油が多いの注意すること。)、干物、佃煮、貝、タコ、イカ、エビ、さつまあげ
肉類 赤身の肉 60g/日を限度とする。
(かた、ヒレ、もも、ささみ など)
× ロース、バラ肉、ひき肉、ハム、ソーセージ、ベーコン
たまご 50g(1個)/日ぐらい
大豆製品 豆腐、豆乳
× 納豆、大豆、もやし、生揚げ、がんもどき
注:大豆食品は栄養的に非常に良いのだが、繊維質が多かったり、お腹の中で醗酵する物があるので注意する必要あり。
牛乳/乳製品 乳製品は全面禁止。代わりに豆乳を飲むこと。
× 全面禁止!
緑黄色野菜類 100g/日ぐらいを目安。
火を通して食べる。生は良くない。
繊維の多い部分や固い部分は避ける。
× アスパラ、春菊
その他の野菜類 200g/日ぐらいを目安。
火を通して食べる。生は良くない。
繊維の多い部分や固い部分は避ける。
× うど、干ぴょう、切干大根、竹の子、ゴボウ、セロリー、ぜんまい、トウモロコシ、蓮根、フキ、もやし、わらび
果実類 あまり量は取らないこと。果物は生で食べるとお腹の中で醗酵する可能性あり。
りんご、洋梨、バナナ、桃
× 醗酵しやすい物、繊維の多い物はダメ。
パイナップル、梨、メロン、スイカ、みかん類
海藻、きのこ、コンニャク× 全部ダメ
菓子 だんご(醤油、こしあん)、煎餅、ゼリー
× 油脂、牛乳などを使った物はダメ。
ケーキ、アイス、ポテチ、つぶあん、炭酸ジュースなど
寒天(海藻)を使っているので、ようかんもダメ(T_T)。

[このページの先頭へ]

かずしげさん版

 これは、こちらのホームページ談話室かずしげさんが公開してくれた資料です。
 情報提供ありがとうございました。
 何か変更や苦情等がございましたら、掲示板にて私にまで御連絡下さい修正致します。>かずしげさん

 「これらは一応参考であって、「取って良い食品」でダメな人もいれば、「避けたい食品」でも大丈夫な人もいますし、完全に鵜呑みは良くないですよ。」とのことです。
 この表を参考にする方は御注意下さい。

                                           
かずしげさん版 UC食事表
○・・・「取って良い食品」
△・・・「控えめにしたい食品」
×・・・「避けたい食品」
穀類 ご飯、お粥、餅、食パン、ロールパン、フランスパン、ホットケーキ(バター無し)、うどん、素麺、スパゲティー(良く噛む)
他・・・小麦粉、パン粉、ビーフン
そば(白色)
× 玄米ご飯、赤飯、ぶどうパン、クロワッサン、デニッシュ類、そば、中華麺、インスタントラーメン、とうもろこし
芋類 ジャガイモ、里芋
他・・・春雨、でんぷん
山芋(生食)、さつまいも
× こんにゃく、しらたき
砂糖 砂糖、蜂蜜類は多量に食べる事は避ける。
日常料理に使ったり、コーヒー、紅茶に使う程度は特に問題無し。
「取って良い食品」(上段)と同じ
× 同上
和菓子 飴玉、ボーロ、甘辛せんべい、塩せんべい
あん菓子(こしあん)、カステラ
× あん菓子(つぶあん)、豆菓子、かりん糖、揚げせんべい、南部せんべい
洋菓子 ゼリー類、ウエハース、ソーダクラッカー、ハードビスケット、ゼリーキャンディー、マシュマロ
他・・・チュウインガム
プリン、クッキー、ワッフル、カップケーキ、シュークリーム(カスタード)、ジャムパン、クリームパン、チョココロネ
他・・・肉まん、あんまん(こしあん)、アイス、シャーベット
× アップルパイ、ショートケーキ、他のケーキ類、ドーナツ、ババロア、チョコレート、アンパン、揚げパン
他・・・げっぺい、中華クッキー、スナック菓子
油脂類 ノンオイルドレッシング
マクトンオイル、しそ油、えごま油、菜種油
× サラダ油、ごま油、バター、マーガリン
種実類 むき栗
甘栗
× ピーナッツ、ピーナッツバター、アーモンド、胡麻等の殆どの食品
豆類 豆腐、焼き豆腐、高野豆腐、豆乳、みそ
生揚げ、がんもどき、油揚げ、引き割り納豆、煮豆(皮を取る)
× 大豆、おから、ぶどう豆、きな粉、納豆、小豆、ささげ、隠元豆、そら豆
魚介類 青魚、殆どの魚、小魚類、缶詰(味付け、水煮)、えび(殻無し)、 かに、かき、かまぼこ、はんぺん、焼き竹輪、さつま揚げ、魚肉ハムソーセージ
干物類、魚卵、うに
× 塩辛、缶詰(油漬け)、いか、たこ、小えび、するめ、干しえび、干し貝、缶詰類(甲殻類)
肉類 牛肉―ヒレ肉、もも肉
豚肉―ヒレ肉、もも肉
鶏肉―ささみ、胸肉皮無し
レバー、ボンレスハム、プレスハム、ゼラチン
牛肉―ロース肉
豚肉―ロース肉、肩肉
鶏肉―もも肉皮無し
ローストハム、ローストビーフ、ショルダーベーコン、焼き豚、レバーペースト
× 牛肉―ばら肉、サーロイン、和牛ロース
豚肉―ばら肉
鶏肉―骨付き皮付き肉
ひき肉(全ての場合において)、ベーコン
卵類 鶏卵(1日1〜2個程度)、卵豆腐、うずら卵
「取って良い食品」(上段)と同じ
乳類 ローファット牛乳、アカデー牛乳、スキムミルク、ヨーグルト、プロセスチーズ、カッテージチーズ
牛乳、ナチュラルチーズ
× 生クリーム
野菜類 野菜類の一日の摂取量を少なくする。
野菜不足は野菜ジュースなどで補う。
柔らかく加熱した野菜、葉菜類、グリンアスパラは葉先のみ
「取って良い食品」(上段)と同じ
生野菜(きゅうり、大根おろし、皮無しトマト、レタス)
× 竹の子、ごぼう、蓮根、セロリ、ふき、漬物
果物類 りんご、びわ、ぶどう、桃、バナナ、メロン、スイカ、パパイヤ、フルーツの缶詰、ジュース(果肉無し)
柑橘類、いちご、キューイフルーツ
× パイナップル、柿、梨
きのこ 無し
無し
× きのこ、えのき、しめじ 等
海藻 無し
のり佃煮、ワカメ柔煮
× ワカメ、昆布、ひじき 等
嗜好飲料 薄い煎茶、薄い紅茶、麦茶、番茶
薄いコーヒー
× アルコール、炭酸飲料、コーヒー、ココア
調味料 醤油、ソース、ケチャップ、料理酒、麺つゆ、スープストック
酢、ハヤシルー
× 香辛料、マヨネーズ、ドレッシング、カレールー

[このページの先頭へ]
[一つ前のページへ]
[TOPページへ]